散水調査

屋根谷部

屋根において雨もりのリスクが大きい谷部。

この谷も返しがあり多少の雨ぐらいでは全然平気です。

しかしながら施工業者さんによっては瓦を斜めにカットすることで固定しずらくなるので釘を打ち下地の防水紙に穴を開けてしまいます。

そうしてしまうと、その穴から雨水がダバダバ侵入してしまいます。

吹き上げの激しい場所には、、

家の形は土地の大きさやお客様の要望により建築士さんは色々な知識を持って図面を作ります。

しかしながら「雨もりしない家を作る」ことには残念ながらそれほど考えてはくれていないようです。

近年はデザイン性重視の形が多いですよね。

昔の住宅は軒先が多く出ていたりあまりにもシンプルでダサい。。笑

でもそれが一番雨もりに強い形だと思います。

流行りの片流れ屋根・軒のない住宅、、、

どれも雨もりのリスクが多すぎます。

 

Copyright(c) 2019 雨もり119 厚木店 All Rights Reserved.